遊び心を大切に!だんぼーるうちわで笑顔を届けよう!

エコ、ナチュラル、手づくり感。楽しいダンボール製のデザインうちわです!

野外イベント●お祭り、●スポーツの応援●チャリティイベント●子供向けワークショップ●ノベルティグッズなど用途は無限大!(2010年埼玉県経営革新計画承認商品)

手に持った人に「笑顔」を!

段ボールに対する印象は人それぞれだと思います。共通して言えることはお金を出して買うことがほとんどないこと。引越しする際は、近くのスーパーから箱をもらったり、業者から無料でもらえることもできます。段ボールは梱包用の素材向きです。うちわとしての用途を考えると、適した素材ではないかも知れません。しかし、それは大人的な感覚だと思っています。子供の頃を思い出すと段ボールを遊び道具として使った経験がありませんか?折ったり切ったり、色を塗ったり、工作したり、箱に入ったりと・・・あの、馴染み深いあたたかみのある感触が少なからず残っているのではないでしょうか。このだんぼーるうちわはそんな遊び心を大事に考えています。多くの人がこのうちわを笑顔で手にとってもらえること、そして「遊び道具」として楽しんでもらえたら嬉しく思います。

だんぼーるうちわの良いところ!

段ボールの原料は古紙(約99%の比重)をリサイクルしたものです。

そしてまた、リサイクルされ新しい段ボールに変わっていきます。 段ボールはリサイクル資源という意識がとても強いので循環されていきます。一般的な厚紙はパルプが主原料です。パルプは木材が中心(主に針葉樹の木質部(幹の内部)の繊維を原料としています。現在ではリサイクル原料も混ぜています。うちわにすると燃えるごみになることも多いです。素材の違いからもわかるように、段ボールはよりエコで多くの人になじみ深い素材なのです。

 

単色印刷の懐かしいレトロな味わいの印刷

段ボールに直接印刷するにはフレキソ印刷(凸版印刷)という印刷方式が主です。あえて先端の印刷ではなく、昔の味のあるテイストの印刷は手づくり感覚のやさしい印象を与えてくれます。


手軽さを強調できます。

通常のうちわに比べて素材、強度などから機能的に劣ります。逆を言えば、気軽にもらいやすいく処分しやすい手軽さ。そして一時的に暑さをしのぐ手軽さがあります。

 

子供に人気です!

遊び道具として捉えるお子様にはとても人気です。手に取ったあとに自分なりに色々と遊んで楽しんでいる姿をよく見ます。

 

こんなところで喜ばれます!

 屋外音楽イベント、スポーツの応援・観戦、屋外チャリティイベント、フリーマーケット、アートマーケット、屋外施設(遊園地、動物園、水族館)、避暑地、子供向け手づくりイベント、スタンプラリーの台紙、暑中・残暑見舞い・・・ほか屋外の色々なイベント、用途でご利用いただけます。

 

好きな形、大きさにも!

フルオーダーになりますが、形や大きさもいろいろ変えられます。

 

当社だけのオリジナル。元祖「だんぼーるうちわ」

埼玉県経営革新計画承認商品として埼玉県からお墨付きをモらっているいただいたアイデアです。

暑い夏で有名な「鳩山町」ならではの商品です。

判子のような味のあるレトロな印刷。かすれ、にじみ具合が素材の味を出してます!

詳しくはお問い合せください!

2,000部よりご注文承ります。まずはメールにてお問い合せください。お見積りいたします。

apf_tanaka@aqua.plala.or.jp